こんにちは。
カウンセリングサービス原裕輝です。

ネットで買い物をすると、手元に届いた時にネット上の写真で見たよりショボい感の時と、ネットの写真よりもイケている感の時がありませんか?


一昨日ネットで頼んだものが昨日届いたですが、今回はネットの写真よりもイケている感の方でした。
“当たり”を引いたようで嬉しい気持ちです。
jchrxgefzsd_TP_V
投影を使いこなして人間関係マスターに(7)〜嫉妬からくる幸せになる恐れ〜

文:原裕輝

上手くいっている人を見ると嫉妬してしまう。


そんな話をお聞きすることがあります。


自分が欲しいものがスムーズに手に入らない時、
欲しいポジションにスムーズに行けない時、
それらを手に入れている人に嫉妬してしまう、そんな気持ちになっちゃうことはあるかもしれませんね。


嫉妬という気持ちが生じた時、その嫉妬と言う気持ちは決して心地良いものではありません。


人間ですから上手くいかない時に、上手くいってる人のことを見て嫉妬してしまう事はあると思います。


そして嫉妬してしまう自分のことも嫌ってしまうこともあろうかと思います。


でも、


私は嫉妬してしまう自分のことを嫌わないで欲しいなと思うのです。


欲しいものや、欲しいポジションがスムーズに手に入らない痛みから嫉妬してしまっているのです。


そんな自分をさらに嫌って自分の心を傷つけないで欲しいなっと思うのです。


『嫉妬なんてしたくないのに嫉妬してしまうくらい今私は辛いんだな』とか『欲しい物がスムーズに手に入らなくて悲しいんだな』などと自分をいたわるような気持ちで自分に接して欲しいのです。


+++


例えば、


幸せな結婚を手に入れたいと思う人が婚活が上手くいっていないとします。


そんな時に、


友人が


「私結婚することになったの。すっごい良い人なの」


と、ニコニコ、ニコニコ、嬉しそうに報告してくれたとします。


友人として嬉しいと同時に、嫉妬する思いも出てきて素直に喜べない。
そんな気持ちになったとします。


嫉妬する自分を責めず、嫌わず、人間だから嫉妬しちゃうこともあるよねと自分に優しく接してみて下さいとお伝えすることがあります。


そして、


その気持ちをここで(カウンセリングの現場の話なのでここではカウンセリングで)吐き出してくださいね。


と、


嫉妬してしまう気持ちを誰かにわかってもらい、受け止めてもらうことができるとその嫉妬する気持ちが和らぎやすくなるからです。


+++


嫉妬という気持ちは和らぐことができたほうが良いです。


それはなぜかと言うと、


その理由の一つは、


嫉妬の気持ちが強い時は自分自身がしんどいから。
しんどい気落ちから解放されましょうねと意味で。


もう一つは、


人の幸せに対して嫉妬する気持ちを持っていると、それが投影されて、自分が幸せになったときに嫉妬されるのではと言う恐れになることがあるからなんです。



・自分が幸せな人を見ると嫉妬していたように、幸せになると嫉妬の目を向けられるのではないか?


・自分が上手くいっている人のことを妬んだように、上手くいくと妬まれるのではないか?


・自分が幸せなポジションを手に入れている人の事を引きずり降ろしたい気持ちで見ていたように、自分が幸せなポジションに行くと引きずり下ろそうと思う人が現れるのでは?


と言う投影が働くことがあります。


そんな嫉妬の目を向けられると思うと怖いですよね?


怖い思いをするというイメージがあると、それが幸せになることへの抵抗感になります。


無意識的に幸せになることにブレーキをかけてしまうんです。



そして、幸せになってもその幸せを表現できません。


隠しておかないと嫉妬されると思うから。
隠しておかないと妬まれると思うから。
隠しておかないと引きずり降ろされると思うから。



そのブレーキがなるべく働かないようにするために、幸せを手に入れた時に表現することにブレーキがかからないようにする為に、人の幸せへの嫉妬はなるべく緩められた方が良いのですね。


だからといって、嫉妬はしたくてしているものではなく勝手に出てくるものでもあると思います。


だから、


嫉妬をしてしまった時は、

・嫉妬をしてしまった自分を嫌わず
・そんな自分に優しく接っして
・人に受け止めてもらう

ということをして、発生してしまった嫉妬という気持ちをケアーして、緩めていきましょうという提案をしたいのです。


嫉妬する気持ちを心に溜めていくと、その気持ちは強くなってしまうことがあります。
発生してしまった嫉妬はこま目にケアーしてくださいね。


嫉妬する気持ちを和らぐことができれば、人の幸せを嫉妬とは違う目で見やすくなります。


人の幸せを喜びやすくなれたり、祝福できたりと。


すると、この人の幸せを喜ぶということに関して投影がおこるようになります。


自分がこの幸せを喜ぶように、自分が幸せになることを人は喜んでくれるだろう、望んでいるだろうと心が勝手に感じるようになります。


この投影ができると、


嫉妬の投影からくる、幸せになるとことへの恐れからさよならできます。


そして、


幸せを手に入れた時に、手に入れた幸せを表現しやすくなるでしょう。


「私、今幸せー」って。



文:原裕輝
〈無断転載はご遠慮下さい〉